暮らしのNEWS

屋外の話

屋根を葺き替えるタイミングは”屋根材”によって異なります!

屋根材によって寿命が異なるため葺き替えるタイミングが違います。カラーベストのストレート屋根であれば耐用年数は25年には満たないです。基本的にメンテナンスをしていると、すぐに壊れることはほとんどありません。他に材質としてあるのがトタン屋根です。これは昔から使われていますが、耐えられるのは20年以下になります。よく使われている素材としてガルバリウム鋼板もあります。これは多くの家庭で利用されていて、瓦と同じくらい耐えられる材質です。さらに日本家屋では瓦が使われている家庭も多いです。素材によって利用可能な期間が異なりますが、粘土系なら100年という長期間で使えます。それぞれ何を使っているかで、大きく利用できる期間が違うのです。

最近の記事

  1. 火災保険ってどんなサービス?費用は?
  2. 外壁塗装の「色」の選び方。あの色は絶対NGだった…!
  3. キッチンに飾れる「花」でおすすめの種類TOP3
  4. 外壁塗装を始める前に!知っておくべき「見積もり」のコツ
  5. 屋根塗装を始める前に。まずは「種類」を知ろう!
  6. 一人暮らしにオススメ!狭い部屋でも置ける便利な家具TOP3
  7. 天井につけるタイプの扇風機。メリット・デメリットを知りたい!…
  8. 驚き!キッチンペーパーは○○で代用出来る!
  9. 庭の”害虫駆除”。実際にどんな影響を及ぼすの?
  10. 扇風機の効果UPに「窓」が大活躍!?驚きの方法とは!
  1. 「窓」をリフォーム施工するなら○○に気を付けよ!
  2. 自分で出来る!?屋根の”セルフ掃除”の方法とは?
  3. ハウスクリーニングで「お風呂」も掃除してもらえる?
  4. 同棲でオススメ!2人の仲がさらに深くなる家具TOP3
  5. 【100均】家具で使える便利グッズ特集
  6. 同棲でオススメ!2人で仲良く使える家電TOP3
  7. 新生活スタート!絶対備えるべき家具を紹介します
  8. 【口コミ・評判】家具アウトレットって実際どうなの?
  9. ハウスクリーニングで『バルコニー』も掃除してもらえる?
  10. 家財保険ってどんなサービス?費用は?
PAGE TOP