暮らしのNEWS

屋外の話

屋根を葺き替えるタイミングは”屋根材”によって異なります!

屋根材によって寿命が異なるため葺き替えるタイミングが違います。カラーベストのストレート屋根であれば耐用年数は25年には満たないです。基本的にメンテナンスをしていると、すぐに壊れることはほとんどありません。他に材質としてあるのがトタン屋根です。これは昔から使われていますが、耐えられるのは20年以下になります。よく使われている素材としてガルバリウム鋼板もあります。これは多くの家庭で利用されていて、瓦と同じくらい耐えられる材質です。さらに日本家屋では瓦が使われている家庭も多いです。素材によって利用可能な期間が異なりますが、粘土系なら100年という長期間で使えます。それぞれ何を使っているかで、大きく利用できる期間が違うのです。

最近の記事

  1. 今さら人に聞けない『火災保険』の正しい選び方とは?
  2. 【100均】窓で使える便利グッズ特集
  3. 火災保険は”いらない”ってホント?未加入者に聞いてみた
  4. 庭の”害虫駆除”。実際にどんな影響を及ぼすの?
  5. キッチンに飾れる「花」でおすすめの種類TOP3
  6. ”水回りの掃除”が大切な「本当」の理由を知っていますか?
  7. 屋根には「寿命」がある!?知っていれば塗装がスムーズに。
  8. 家具専門の掃除業者がいる!?困った時に役立つ豆知識
  9. 笑える!こんな面白い貯金箱見たことある??(笑)
  10. 自分で出来る!天井壁紙を”自分らしく”DIYしよう!
  1. 家電の”掃除”で便利な「道具」は?主婦に聞いてみた!
  2. バルコニーの”台風対策”は万全?身を守るために絶対すべきコト…
  3. 庭で育てられる「ハーブ」でおすすめの種類TOP3
  4. 貯金ができない人は○○という特徴があった!
  5. キッチン専門の掃除業者がいる!?困った時に役立つ豆知識
  6. 家具の”地震対策”は万全?身を守るために絶対すべきコト
  7. キッチンマットは○○を基準に選ぶべし!
  8. 自分で出来る!?外壁の”セルフ掃除”の方法とは?
  9. ハウスクリーニングで「庭」も掃除してもらえる?
  10. 火災保険の加入を勧められるホントの理由は?
PAGE TOP