暮らしのNEWS

屋外の話

屋根を葺き替えるタイミングは”屋根材”によって異なります!

屋根材によって寿命が異なるため葺き替えるタイミングが違います。カラーベストのストレート屋根であれば耐用年数は25年には満たないです。基本的にメンテナンスをしていると、すぐに壊れることはほとんどありません。他に材質としてあるのがトタン屋根です。これは昔から使われていますが、耐えられるのは20年以下になります。よく使われている素材としてガルバリウム鋼板もあります。これは多くの家庭で利用されていて、瓦と同じくらい耐えられる材質です。さらに日本家屋では瓦が使われている家庭も多いです。素材によって利用可能な期間が異なりますが、粘土系なら100年という長期間で使えます。それぞれ何を使っているかで、大きく利用できる期間が違うのです。

最近の記事

  1. お風呂マットは○○を基準に選ぶべし!
  2. 今さら人に聞けない『火災保険』の正しい選び方とは?
  3. 「お風呂」をリフォーム施工するなら○○に気を付けよ!
  4. 驚き!キッチンペーパーは○○で代用出来る!
  5. 同棲でオススメ!2人で仲良く使える家電TOP3
  6. 火災保険は”いらない”ってホント?未加入者に聞いてみた
  7. 誰でも出来る!「キッチン」の簡単コーディネート!
  8. 【100均】キッチンで使える便利グッズ特集
  9. お風呂の”掃除”で便利な「道具」は?主婦に聞いてみた!
  10. 庭の”害虫”。どのくらい種類がいるの??
  1. 定期預金にデメリットはある?メリット含めて徹底調査!
  2. ハウスクリーニングで「家電」も掃除してもらえる?
  3. 貯金を失敗させない”アプリ”があるらしい!
  4. お風呂の”排水溝”をキレイに保てる方法がありました!
  5. バルコニーに「タイル」施工を勧められる理由とは?
  6. 庭で育てられる「花」でおすすめの種類TOP3
  7. 成功者に聞いた!貯金が上手くいくコツとは?
  8. 誰でも出来る!「天井」の簡単コーディネート!
  9. 火災保険ってどんなサービス?費用は?
  10. 今や定番の「ハウスクリーニング」!気になる”相場”は?
PAGE TOP