暮らしのNEWS

家の中の話

キッチンマットは○○を基準に選ぶべし!

キッチンマットを選ぶ時に一番気をつけたいことはサイズです。サイズを選ぶ時は、汚れやすい場所をカバーできるか、キッチンのサイズと合うかどうかを基準にして選びましょう。キッチンの端から端まで敷いても良いですが、長すぎると洗濯しにくくなってまうこともあります。洗濯しやすいようにするために同じ柄とサイズのものを2枚敷くという裏技もあります。

次は素材に注目します。素材は天然素材や化学繊維など実に様々なものがあり、できれば毎日の料理を楽しく快適にしてくれるものが良いです。滑り止めが付いているものや、柔らかなふみ心地が気持ちいパイル、クッション性が良い低反発など。素材によって表情や使い心地が大きく変わるので、自分の好みのものを選びましょう。

最後にデザインです。キッチンマットの色や柄によって印象は大きく変わります。できるだけ自宅のキッチンの雰囲気に最も合うものを選ぶようにすることが大切です。

最近の記事

  1. 外壁には「寿命」がある!?知っていれば塗装がスムーズに。
  2. 「窓」をリフォーム施工するなら○○に気を付けよ!
  3. 今さら人に聞けない『火災保険』の正しい選び方とは?
  4. 今おすすめの「火災保険」は?人気サービスTOP3
  5. 自分で出来る!?屋根の”セルフ塗装”の方法とは?
  6. 欲しかった!「お札」を入れられる”貯金箱”が登場!
  7. 外壁塗装のタイミングはいつ?季節的な条件が重要ってホント?
  8. 自分で出来る!?屋根の”セルフ掃除”の方法とは?
  9. キッチンの”掃除”で便利な「道具」は?主婦に聞いてみた!
  10. 今すぐ始めたい!賢い「貯金」の仕方3選
  1. ハウスクリーニングで『バルコニー』も掃除してもらえる?
  2. 外壁塗装のタイミングはいつ?季節的な条件が重要ってホント?
  3. 誰でも出来る!「バルコニー」の簡単コーディネート!
  4. キッチン専門の掃除業者がいる!?困った時に役立つ豆知識
  5. 主婦が選ぶ!「天井」の掃除に使えるオススメ洗剤TOP3
  6. お風呂専門の掃除業者がいる!?困った時に役立つ豆知識
  7. バルコニー専門の掃除業者がいる!?困った時に役立つ豆知識
  8. お風呂の”排水溝”をキレイに保てる方法がありました!
  9. キッチンマットは○○を基準に選ぶべし!
  10. ハウスクリーニングで『キッチン』も掃除してもらえる?
PAGE TOP